読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS 7.3にインストールしたPostgreSQL 9.4から9.6へアップデートする

PostgreSQL

CentOS 7.3にインストールしたPostgreSQL 9.49.6へアップデートしました。
PostgreSQL 9.4ははオフィシャルサイトで提供されているpgdgレポジトリをつかってパッケージインストールしてあります。
9.6も同じくpgdgを使ってインストールします。
昔といっても6年くらい前は、パッケージインストールすると複数バージョンのインストールができない記憶があったのですが、最近は複数バージョンの共存が可能になっております。

続きを読む

pg_monzで特定のデータベース、テーブルを監視対象にする方法

Zabbix PostgreSQL

ZabbixでPostgreSQLの監視を行うときはpg_monzを使うと便利です。

PostgreSQL monitoring template for Zabbix (pg_monz)

pg_monzにはデータベース情報と、テーブル情報をアイテムに追加してくれるLLDがあるのですが、1テーブルあたりのアイテム数が多いので、全データベース、全テーブルを対象にするとアイテム数がすごい増えてしまいます。
LLDなのでフィルターを使うことでデータベースとテーブル名を制限することができます。

続きを読む

Zabbix 3.0のデータベースにPostgreSQL9.6を使う

Zabbix

ZabbixのデータベースにはMySQLを使うのが一般的かと思いますが、今回PostgreSQL9.6の環境にZabbixをインストールする必要があったので、インストール手順をかんたんにメモします。
インストールメモなのでfirewalldやselinuxは無効状態にしてあります。
またPostgreSQLの認証設定もテスト構築向けになっています。

続きを読む

Jenkins2でpipelineを使ってビルドするやりかた

Jenkins

概要

先日Jenkins2がリリースされました。 今はまだJenkins1系を使っているのですが、Jenkins2でビルド時にpipelineを使えるということで、一部のジョブをJenkins2に移行してみました。 主にビルドのpipelineの設定を備忘録として残します。

続きを読む

Windowsでberksコマンドを実行すると発生するエラーの対応

先日インストールしたBerkshelfですが、実行するとエラーが発生しました。 エラー内容は取っていないのですが、ChefにバンドルされているRubyがSSLの証明書を見つけられないような感じでした。 その対応方法です。

続きを読む

Windows7 64bitでChefとKnife-soloを実行

Chef

MacであればVagrantとChefの環境は比較的簡単に構築できます。
ですが会社だと政治的な理由?からどうしてもMacを利用できない。けどVagrantとChefを使いたいということがあるのではないかと思います。
私もChef実践入門を購入して現在4章の途中ですが、あっという間にVagrantとChefに落ちちゃいまして会社でも使いたい、と言ってみたい。
ですが現在Windowsでの開発がメインとなっておりいきなりMacに移行するのはさすがに難しいのでとりあえずWindowsでやってみて社内の人に便利さを感じてもらって数の暴力で、みたいなことを考えました。 WindowsでVagrantとChefをインストールしてknifeコマンドでサクッとプロビジョニングできるぜーとと思ったら、挫折の繰り返しでした。
いろいろなサイトを参考にさせていただいてようやく動作するようになりましたので、備忘録として残したいと思います。

続きを読む

多分、一番簡単なApache Tomcat Jenkinsの構成

Jenkins Tomcat Apache

Jenkinsを外部に公開するということはあんまりないと思います。 Jenkinsを単体で動かしてもいいんですけど、Jenkins専用サーバーではなくてHTTPサーバーがすでに動作していてJenkins用に専用ポートを開放できない場合は、ApacheとTomcatで動かしてしまうのが簡単だと思います。 まぁ、単体で動かすのが一番簡単だと思うんですけどね。 以下、設定方法です。

続きを読む